0f549c29f20cca5917583323a0d7c892_mbbb

信用こそがビジネスの基本と考え、信用を守る必要条件として企業倫理(コンプライアンス)を位置付けています。

社会から信頼される企業である為に、コンプライアンス体制の構築に取り組んでいます。

企業倫理(コンプライアンス)


法的責任における指標


・市場ルールに基づく公正で適正な商習慣に従って、契約を尊重し自由な競争を行います。
・独占禁止法を遵守します。
・地域社会の環境保全に努め、健康、安全、治安に関係する法令、及び地域の条例や自主的な協定等を遵守します。

経済的責任における指標


・産業界や社会に評価される良質な製品やサービスの提供に努めます。
・競合同業者との行き過ぎた競争を排除し、公正で適正な取引を推進します。
・雇用の確保や社内外用品の調達等を通して、地域経済の発展に貢献します。

倫理的責任における指標


・取引先の自主的経営を尊重し、お互いの信頼に基づく対等なパートナーとして公正・誠実な取引を行います。
・競合同業者とも良好な関係を築き、お互いの持続可能な発展と事業の繁栄を目指します。
・地域社会に対し、対話や説明責任を果たすと共にこれまでの歴史や文化を尊重します。

行動基準


ステークホルダーとの関係


・お客様本位の立場に徹して、品質・価格・安全性・環境保全等、様々な点でニーズに応えられる良質なサービスを開発し、安定的に供給に努めます。
・契約・取引、個人情報保護に関する法律を遵守します。
・取扱メーカー・同業者に対して自由な競争原理に基づき、独占禁止法・関連する法令を遵守し、適正な商習慣に従います。
・社員の人権を尊重し、差別は一切排除します。
・公平で公正な採用、および人事異動、昇進・昇給の推進に努め、能力を適正に評価する人事制度を整備します。

社会との関係


・環境と社会の安全に関する情報、企業情報の公開に努め、透明性の高い事業運営を行います。
・積極的に環境保全活動に取り組みます。
・海外でも、その国の法律や国際ルールを遵守し事業活動を行います。
・外国為替、外国貿易法等の輸出入に関する法案を遵守し、経済産業省の許可無く規制貨物・技術の輸出入を行いません。